2017-03-05_22-50-52

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-の9話感想の記事詳細です。昭和元禄落語心中は原作:雲田はるこ「ITAN」で連載していたマンガ(全10巻、完結済)。刑務所帰りの元チンピラが八代目有楽亭八雲に弟子入りし、落語の世界に足を踏み入れる。


2017-03-05_22-33-02

2017-03-05_22-39-19

2017-03-05_22-42-15

2017-03-05_22-51-21


130: ななしさん 2017/03/04(土) 03:17:19.74 ID:GgkfLTk7K
今回も凄かった
余韻がすげえぇぇえ!

明日BSで観る人は部屋真っ暗にして観るとさらに凄みが増すよ~!お勧め!


131: ななしさん 2017/03/04(土) 03:19:06.79 ID:tRIaKHupa
寄席 死神

石田彰さんの声では怪談ですね
スタッフと作者が一番わかってらっしゃる
2017-03-05_22-51-29


132: ななしさん 2017/03/04(土) 03:22:34.47 ID:oYDT8sQb0
どこまでがほんとやねん


133: ななしさん 2017/03/04(土) 03:25:18.63 ID:5sd4k7aZ0
参った、見入ったなんてもんじゃない
与太が駆けつけるとこでは変な声が出た
2017-03-05_22-52-21


134: ななしさん 2017/03/04(土) 03:28:03.48 ID:lnNaSAO50
師匠が今回死ぬかとビクついたよ


135: ななしさん 2017/03/04(土) 03:29:23.48 ID:MwlwXsfS0
小夏は親父の助六の出自が組長がらみだと思って
その血統をゲットしたってとこでしょ
すべては落語のための子づくり


136: ななしさん 2017/03/04(土) 03:34:08.20 ID:Mnxem1E90
石田の快演っぷりが凄いな。お話の老演技そのものもだけど、噺にもしっかり反映させて老いを感じるわ
比べてないから断定的には言えないけれど、1期の死神とはだいぶ違うよね?
つーか本当に燃えたのかよ!あと、実況で死ぬ死ぬ詐欺とかネタにされてたヒドイw
2017-03-05_22-50-08


137: ななしさん 2017/03/04(土) 03:35:59.81 ID:yuPQw7al0
次回!八雲師匠、自殺目的の放火の罪でタイーホ!


八雲を焼くも…ってか!


138: ななしさん 2017/03/04(土) 04:45:18.85 ID:OupV3zSa0
あっと言う間に感じる程、引き込まれて観たよ。
今回も凄いの一言だわ。
鬼気迫る師匠の「死神」も怖いが、赤目助六怖い。
夜中に観て本当に良かった。か
2017-03-05_22-50-40


139: ななしさん 2017/03/04(土) 04:52:21.00 ID:qDS7QfMg0
 落語と共に孤独に静かに死ぬのが、八雲(八代)の心
 八雲への復習と父親の夢の実現が、実は落語と八雲を共に生かすことだと気付いた小夏


140: ななしさん 2017/03/04(土) 04:54:42.50 ID:/mFaR4OG0
またOp助六の目が死神になってた
八雲師匠梶で死ぬんかな。まだ親子会で死ぬほうがいいじゃない。火あぶりは苦しいよ・・・


141: ななしさん 2017/03/04(土) 05:06:51.55 ID:W3yWt95K0
今更だけど石田の声も演技に追いついてないな
やっぱ山寺には程遠い


143: ななしさん 2017/03/04(土) 05:20:24.71 ID:YNgKGy8a0
>>141
優劣はともかく
江戸っ子でない山寺さんがちゃんと江戸っ子なまりの助六ができるのは凄いね
耳が良いっつうか勘が良いっつうか
落研時代の昔取った杵柄的なものなのか…

石田さんもかなり頑張ってるんだがちょっと固い
八雲の性格に合わせてきちんと喋ってなおかつ江戸訛りで崩すってのが至難なのはわかるんだけどね
圓生師匠はちょっと関西訛り入ってるから直接のサンプルに使えないし
2017-03-05_22-49-27


144: ななしさん 2017/03/04(土) 05:34:49.00 ID:GgkfLTk7K
菊さんの綺麗な顔にヤケドの痕がぁぁあ…


146: ななしさん 2017/03/04(土) 07:40:20.24 ID:3ywPX3Sb0
てっきり菊ヒコ死ぬ回だと思ってたら生き残っただと!?
これまさか与太に蝋燭の火移し変えた回か?
石田さんの演技すげえw
2017-03-05_22-52-40


147: ななしさん 2017/03/04(土) 08:03:56.62 ID:S07LHgiC0
声が出なくなってるのが解る石田さんの演技すごいわ
今作で声が何度老けたんだろう
音楽ありきの不気味さも際立ってたね今回


148: ななしさん 2017/03/04(土) 08:39:20.97 ID:1ougxrrv0
八雲の「たちぎえ」、最高だった
失ってからかもしれないけど、やっぱりみよ吉に未練があったんだよな
そしてずっと後悔していた
八雲は我が強く、こう見えて誰よりも情にもろく、業にほだされる弱い人なんだよ
業火と共に雨竹亭が逝く…
2017-03-05_22-41-53


149: ななしさん 2017/03/04(土) 08:55:41.37 ID:n2eOxZGk0
八雲の思い人は助六の気がするなーw
っていうか、助六と美代吉の子なんだから、
ある意味小夏は理想じゃん?


150: ななしさん 2017/03/04(土) 09:07:43.25 ID:n2eOxZGk0
刑務所は、親分が聞かせるためかな?だといいな。
慰問先選べるのかね?

炎はイメージかと思いきや放火とか。
先週は絵が見劣りすると思ったけど、今回のために画力残してたんだね。
内容とマッチしてゾクゾクした。


151: ななしさん 2017/03/04(土) 09:45:08.13 ID:HEiSpmle0
まぁ、親分が出所する頃には師匠は亡くなってるだろうから、最後の御挨拶って感じがしたな
ちょうど、たちぎれと内容もマッチしてるしね
2017-03-05_22-40-38


167: ななしさん 2017/03/04(土) 12:44:16.90 ID:qDS7QfMg0
>>151
「たちぎれ」涙出た。
アニメで時々、作中作品で涙が出るのだが、その一つだった。
最近、観直してる『君嘘~』第4話のサンサーンスにつづけて泣いちまった。


152: ななしさん 2017/03/04(土) 09:48:31.63 ID:1ougxrrv0
慰問先は選べはしないんじゃない?
ボランティアの申請出して各刑務所の行事に合えば刑務所側から採用されるみたいな
でも落語やる気になったのは親分の為だろうね、聞かせそびれてるし

兄貴の「時代が変わる」って涙も、与太の分かりやすい落語ってのも、
助六の扇子を与太にわたしてくれってのも、雨竹亭の消失も、
正に時代の終焉の象徴なんだろうな、昭和落語の…

あの歴代の名人も上がった踏み台のを八雲が最期に上るシーンが
何となく心に残った
「死神」のサゲも今まで以上に三遊亭圓生チックw


153: ななしさん 2017/03/04(土) 10:01:52.86 ID:n2eOxZGk0
ヨタが「慰問をよくやってるから話はすぐに通る、鈴が森に~」といってるから、
劇中では選べるみたい?

銭湯で意味深な信之助の目のUPなんだろう?
頑なに守ったランドセルは、あの熊とアヒルだったのかなw
2017-03-05_22-35-53


154: ななしさん 2017/03/04(土) 10:08:34.33 ID:n2eOxZGk0
ヨタの噺は品がないから駄目というけれど、品は八雲だからあるのであり、
ヨタの芸風は愛嬌だよな。
自分としては駄目でもヨタの芸で今はやっていける、自分は時代遅れの気分なのかな。


163: ななしさん 2017/03/04(土) 12:26:06.82 ID:oqiV7euD0
>>154
品じゃなくて芯だろ。
いつか先生が言っていたけど、与太郎の芸には我が無い。
でも八雲の芸は我があって、その上で芸を一つの道具として自分を表現する。
だから、八雲は我が一番出る居残りをさせたけども、それでも我がでなかったのが与太郎の芸。
我という芯が無くて、ただひたすらに落語の世界を表現し続ける与太郎っていうのは異端なんだね。
2017-03-05_22-44-56


168: ななしさん 2017/03/04(土) 12:46:56.83 ID:Pd+sQv5y0
>>163
芯でも意味は通るけど、「品」って字幕に出ていたよ

八雲は半ば親に捨てられたような形で入門したけど、落語家として大成しても親類縁者がすり寄ってきたりしなかったのかな?


169: ななしさん 2017/03/04(土) 12:52:08.61 ID:qDS7QfMg0
>>168
八代八雲て、服装・生活・所作全てが若いころからダンディなんだよ。
あれはモテルわw。


165: ななしさん 2017/03/04(土) 12:37:51.42 ID:qDS7QfMg0
本当にこのアニメ素晴らしい。本当に燃えたのかどうか、第9話だけじゃ
わからない。仮に物としての寄席が燃えても、助六の落語は残っているし、
どちらに転んでもおかしくない展開。

八雲(菊)が、現世に未練を残している。変わってきたね。
三代助六樋口さん・信之助・小夏に囲まれて、だんだん八雲が変ってきて面白い。
2017-03-05_22-36-17



(引用元 http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1488179658/)



アニステの感想

途中まで八雲の幻覚だと思ってたけど、リアルで寄席が燃えてる!?
なんで!?事故!?放火!?
とりあえず助かったようで良かった。
最後の最後に、「いやだ、死にたくない」って言った八雲は、周りの影響で考えが変わったんだろうか。
前の八雲だったらこのまま寄席と一緒に連れて行ってくれ、とか言ってそうだもんなぁ。

刑務所での八雲の落語良かったなぁ。
引き込まれる話が出来るってのは本当にすごいこと。
八雲自身も噺に入って言ってるからできることなんだろうね。

次週予告でも八雲さんまだまだ存命。
これはラストまで生きてるかもしれないね。
寄席が燃えた理由が謎のままかな?
来週も楽しみ!


【昭和元禄落語心中 -助六再び篇-】9話の感想は?



関連商品



OP・ED情報

オープニングテーマ「薄ら氷心中(うすらひ しんじゅう)」
作詞・作曲・編曲 - 椎名林檎 / 木管編曲 - 村田陽一 / 歌 - 林原めぐみ

https://youtu.be/a_UxWeBT1BY


オープニングテーマ「今際の死神」
作詞・作曲 - 椎名林檎 / 編曲 - 斎藤ネコ / 歌 - 林原めぐみ

https://youtu.be/vGx7u3hMCOA


エンディングテーマ「かは、たれどき」
作曲・編曲 - 澁江夏奈



キャスト・スタッフ情報

与太郎/三代目助六 : 関智一
有楽亭八雲 : 石田彰
小夏 : 小林ゆう
信之助 : 小松未可子
松田 : 牛山茂
樋口 : 関俊彦
アマケン : 山口勝平
大親分 : 土師孝也
ヤクザ兄貴 : 加瀬康之
アニさん : 須藤翔
萬月 : 遊佐浩二
助六 : 山寺宏一
みよ吉 : 林原めぐみ


原作 - 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』(講談社『ITAN』連載)
監督 - 畠山守
落語監修 - 林家しん平
シリーズ構成 - 熊谷純
キャラクターデザイン - 細居美恵子
プロップ作画監督 - 澤村亨(TV第2期)
デザインワークス - 秋庭映美、大和田彩乃
美術監督・美術設定 - 黛昌樹
色彩設定 - 佐野ひとみ
撮影監督 - 越山麻彦(TV第2期)
3DCG監督 - 樋本悠貴
編集 - 松原理恵
音響監督 - 辻谷耕史
音楽 - 澁江夏奈
プロデューサー - 矢田晶子・山崎慶彦・亀井博司
アニメーションプロデューサー - 浦崎宣光
アニメーション制作 - スタジオディーン
製作 - 落語心中協会



他のサイトの感想もチェック

Powered by RSSリスティング

この記事をシェアする



ピックアップ



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
amazon
©amazon.co.jp
カテゴリ
ブログランキング

応援お願いします

リンクリックブログランキング にほんブログ村 アニメブログへ