2016年12月12日 20:00
八雲に弟子にして欲しいと申し出る小夏

昭和元禄落語心中 -助六再び篇-の10話感想の記事詳細です。昭和元禄落語心中は原作:雲田はるこ「ITAN」で連載していたマンガ(全10巻、完結済)。刑務所帰りの元チンピラが八代目有楽亭八雲に弟子入りし、落語の世界に足を踏み入れる。


焼け落ちた寄席

みたらし団子を食べる小夏

八雲の髪の毛をすく小夏

倒れこむ八雲


328: ななしさん 2017/03/11(土) 03:27:28.59 ID:irvHjX3j0
ラストは心臓に悪い
八雲師匠も老いた感じあるなあ


329: ななしさん 2017/03/11(土) 03:28:52.73 ID:FQEsuk6k0
元々厳しくても寛容さのある人だったけど
ここにきて完全に丸くなったというか、素直になったのかな
で、雪解けからのお迎えかよ…今回で3度目か、どうなるんだ
遂に助六のお迎えが来た八雲


330: ななしさん 2017/03/11(土) 03:32:09.12 ID:hdqp2pmh0
信之助は何本か全部覚えちまったネタあるんだろなw


331: ななしさん 2017/03/11(土) 03:33:00.16 ID:e8bkBPhP0
耐震偽装云々の話があったから、阪神大震災あたりまで時代が進んでるのかと思ったけど
旧銀座線の運行が93年までだし、昭和のつくタイトルからして八雲が平成まで生きないとして
80年台後半あたりの時代設定かな


340: ななしさん 2017/03/11(土) 05:47:51.96 ID:Y0uq3fMV0
>>331
>>331
与太郎の入門が80年代なので、真打昇進まで10年として90年代になっているのは確実
その頃に生まれた信之助が小学生になのだから、劇中の時代はたぶん2000年に近い


332: ななしさん 2017/03/11(土) 03:33:47.76 ID:1z/tSgeW0
年寄りが急に角が取れるとお迎えフラグだよな普通に
時折笑顔を見せる八雲


334: ななしさん 2017/03/11(土) 03:36:36.78 ID:wBjVEcze0
しかし縁側での八雲のあんな柔和な顔、先代助六と再会した頃以来ではないか?
あんなにこやかな顔を見た後であんなお迎えが・・・なんか残酷だ


335: ななしさん 2017/03/11(土) 03:37:44.68 ID:LX1UBmxs0
妊娠おめでとう
妊娠を与太郎に伝える小夏


336: ななしさん 2017/03/11(土) 03:42:22.42 ID:XlrWewNy0
まーた八雲師匠が死の境に来て居られる。もう騙されないぞ。


341: ななしさん 2017/03/11(土) 06:21:17.00 ID:Ri0GVPFa0
八雲もだけど小夏も気持ち悪いくらい素直になったな。

助六のほかの弟子が可哀想だった。
小太郎なんか直前まで掃除してたのにね。
老朽化の話はあったから、小屋は建て直しするんだろうけど。


342: ななしさん 2017/03/11(土) 06:48:18.50 ID:Y0uq3fMV0
与太郎の野ざらしをバックに落語の再生と新しい世代の息吹き、家族の和解を描く演出がすごく良かった
それだけに引きのお迎えシーンが無常で切なくなる


343: ななしさん 2017/03/11(土) 07:22:04.06 ID:TuFU5Pqn0
与太さんずっと姉さんと呼んでいるからセックスレスの夫婦かと思っていたのに小夏さんが与太さんの子を身籠ったのかよ。
与太郎に懐妊を伝える小夏


346: ななしさん 2017/03/11(土) 07:49:48.73 ID:J341+ruL0
>>343
同じく
親分との子供のために籍は入れたが手は出させてもらえてないのかと思いきや
関係性はさほど変わってないのかと思いきやしっかり夫婦になってたのね

これからは弟弟子(妹弟子?)になって立場逆転かw


348: ななしさん 2017/03/11(土) 08:05:07.75 ID:Y0uq3fMV0
>>343
>>346
マジでそんな風に考えてた人がいるのか
ちょっとびっくりだわ


352: ななしさん 2017/03/11(土) 09:07:27.57 ID:J341+ruL0
>>348
ビックリされた事にビックリだわ
与太を頼って寄り添う場面はあったが一時の感情
夫婦らしい描写なんて無かったじゃん
あの時代にあんな上下関係で夜の営みがあったのを驚く奴がいてもおかしくないだろ?


353: ななしさん 2017/03/11(土) 09:14:33.85 ID:TuFU5Pqn0
>>352
だよなあ。
今期の第3話で手をつないで歩くことすら拒絶されているのなら籍だけの夫婦なのかなと思うよなあ


345: ななしさん 2017/03/11(土) 07:32:09.25 ID:XQw9zo1/a
いい回だった
和解できてよかったね(;o;)


347: ななしさん 2017/03/11(土) 07:53:53.42 ID:xqRZDTCb0
もう全てが終局に向かってるなと感じた回だった・・・・・
キクヒコもう死ぬなこれ
あの世の迎えが来た八雲


349: ななしさん 2017/03/11(土) 08:11:26.88 ID:mDtPfl4Bp
来週で最終回なら亡くなっちゃうんじゃないの??

というか松田さんのが年上なのにまだまだ元気
70も行ってないのに亡くなるの早いぞ


350: ななしさん 2017/03/11(土) 08:26:03.72 ID:cN+wUKS/d
OP、さすがに今回は合わないなあと思いながら見てたら最後に蝋燭が再点灯して驚いた。
心中したかった師匠はあそこまでということなのかな。


351: ななしさん 2017/03/11(土) 08:55:55.11 ID:8HZ7CFG+K
火事と助六登場以外は凄く穏やかで微笑ましかった
菊さんの柔和な表情が久々に見られて嬉しい
野ざらしも映像共々素晴らしいな、楽しかった
微笑みをこぼす八雲


357: ななしさん 2017/03/11(土) 09:26:54.11 ID:EOsfAJXc0
二期って過去の真相を明かしただけで、あとは死ぬ死ぬ詐欺しかやってない気がする
正直にいって一期よりずっと退屈


360: ななしさん 2017/03/11(土) 09:52:55.29 ID:ZGjNikHra
ヨタさん、小夏さんに団子食わせてる時ニヤニヤしてましたよね
みたらし団子を小夏に食べさせる与太郎


363: ななしさん 2017/03/11(土) 10:09:34.94 ID:Q6MHvzgg0
落語に囚われてた自分を解放した途端お迎えが来たみたいなラストだったもんなあ
今まで見てて助六出るとうれしかったのに、先週から出るのがうれしくなくなってしまってる
助六の姿をした死神なのか笑い方すら違うような気がしてしまう


368: ななしさん 2017/03/11(土) 10:34:39.55 ID:+euXyF7R0
>>363
助六もだけど
「落語からの解放」が死亡フラグになってる気がする

特に助六
落語のために生まれたような天才が
会心の芝浜やって満足して
平凡な幸福のために落語やめようとしたから
死の運命が決定づけられてしまったような気がしてならない
ちょっとオカルト入るけれども


379: ななしさん 2017/03/11(土) 11:44:16.92 ID:VDCXqHTb0
原作だともうちょっと夫婦っぽいシーンもあるんだけどねえ…
アニメだとバサバサやられてるから夫婦生活ないように見えるかも


380: ななしさん 2017/03/11(土) 12:21:15.69 ID:Ozdu00Jj0
年を取ったせいか、ああいうノスタルジックなシーンはグッと来てしまう

出会いも別れも、酸いも甘いも、己の落語との呪縛も、すべて悟りきったようで
あれだけ仏頂面だった愛弟子の落語にクスっと笑い、
あれだけ頑なだった娘(?)の弟子入りに何の蟠りもなく、
あれだけ口ではめんどく下がっていたガキの、孫(?)の見舞いの桜吹雪を愛でて…

所々の八雲の微笑みは、特に卑怯だw
慎之介の桜吹雪を眺める小夏と八雲


389: ななしさん 2017/03/11(土) 14:43:15.15 ID:3gVOiOhU0
最高の小夏デレ回だな
子供できたって言ったときと、弟子にしてって言ったときほんと泣けるくらい幸せだなと思った



(引用元 http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/anime/1488179658/)



アニステの感想

いやー、なんて幸せな回だろう!
与太郎と小夏の子供がついにできたかーと思ったら八雲と小夏の和解。
なにより、小夏が八雲に弟子にしてくださいって言うシーンが本当によかった。
ここまでの道のりが長かったから余計にそう思えてしまう。

スレでも話題に上がってたけど、与太郎と小夏の夫婦っぽさってそこまでしっかり描写されてなかったから子供ができたことでしっかり夫婦してたんだなぁと分かってすごく安心。
曲がった見方をし始めると、本当に好き合ってるわけじゃないけど結婚したんじゃないか、と疑ってしまうレベルでそういう描写が無かったからねぇ。

八雲さんの死の描写がまた。。。
死ぬ死ぬ詐欺って言わないであげてw
でも、ついに小夏が弟子になりたい=落語をやりたいって言ったのに、すぐに居なくならないで欲しい。
近いことは分かってるけど、せめてもう少しだけ。
物語の最後まで八雲師匠の命が尽きずにいて欲しい。


【昭和元禄落語心中 -助六再び篇-】10話の感想は?



関連商品



OP・ED情報

オープニングテーマ「薄ら氷心中(うすらひ しんじゅう)」
作詞・作曲・編曲 - 椎名林檎 / 木管編曲 - 村田陽一 / 歌 - 林原めぐみ

https://youtu.be/a_UxWeBT1BY


オープニングテーマ「今際の死神」
作詞・作曲 - 椎名林檎 / 編曲 - 斎藤ネコ / 歌 - 林原めぐみ

https://youtu.be/vGx7u3hMCOA


エンディングテーマ「かは、たれどき」
作曲・編曲 - 澁江夏奈



キャスト・スタッフ情報

与太郎/三代目助六 : 関智一
有楽亭八雲 : 石田彰
小夏 : 小林ゆう
信之助 : 小松未可子
松田 : 牛山茂
樋口 : 関俊彦
アマケン : 山口勝平
大親分 : 土師孝也
ヤクザ兄貴 : 加瀬康之
アニさん : 須藤翔
萬月 : 遊佐浩二
助六 : 山寺宏一
みよ吉 : 林原めぐみ


原作 - 雲田はるこ『昭和元禄落語心中』(講談社『ITAN』連載)
監督 - 畠山守
落語監修 - 林家しん平
シリーズ構成 - 熊谷純
キャラクターデザイン - 細居美恵子
プロップ作画監督 - 澤村亨(TV第2期)
デザインワークス - 秋庭映美、大和田彩乃
美術監督・美術設定 - 黛昌樹
色彩設定 - 佐野ひとみ
撮影監督 - 越山麻彦(TV第2期)
3DCG監督 - 樋本悠貴
編集 - 松原理恵
音響監督 - 辻谷耕史
音楽 - 澁江夏奈
プロデューサー - 矢田晶子・山崎慶彦・亀井博司
アニメーションプロデューサー - 浦崎宣光
アニメーション制作 - スタジオディーン
製作 - 落語心中協会



他のサイトの感想もチェック

Powered by RSSリスティング

この記事をシェアする



ピックアップ



コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
amazon
©amazon.co.jp
カテゴリ
ブログランキング

応援お願いします

リンクリックブログランキング にほんブログ村 アニメブログへ